株式会社寺田ニット 後編 ファクトリーブランドとして新たなスタート、甲府の地域から発信

【梶原】

BLUEKNIT storeでどのようにブランドを発展していきたいでしょうか?

【寺田社長】

私たちは工場なので売ることに対してはノウハウがありません。これからは私たちが直接お客様にむけて良いモノを届けるために勉強しなければいけないと思っています。 その為には私たち自身が独自で頑張って、いい商品を提供し続けることが大事です。今回BLUEKNIT storeと取り組むことで新たなステップに入ったと思います。

一方で身近な地域の皆さんにも私たちの製品を紹介し、着てもらいたいと思っています。 すでに地域の温泉施設では私たちの製品を販売しています。まずは近くの方々に私たちの商品をもっと知ってもらえたら、今度は日本全国にも広がると思います。

ショールームにてサンプルを持つ寺田社長

ショールームにてサンプルを持つ寺田社長

丁寧な仕上げの製品

丁寧な仕上げの製品

生きた感覚に正直に、自分も着たくなる服を作りたい。

【寺田社長】

ホールガーメントは無縫製でストレッチ性もあり着やすく、体に優しい製品だと思います。現在は主にレディースを中心に生産していますが、今後はメンズでもいい商品を作りたいと計画しています。特にニットジャケットはもっと発展させたいです。様々な工夫を重ねて良いものにしていきたいです。

入社のときからずっとレディースウェアの開発に関わっていましたが、いつか自分が着ることができるものを作りたいと思っていました。自分たちが着ていて良いと感じる感覚を信じて発信し続けたい、生きた言葉を届けたいと思っています。もっと寄り添うような商品開発に力を入れていきたいと考えています。

首周りの丁寧な仕上げ

首周りの丁寧な仕上げ

工場で縫製をしている現場

工場で縫製をしている現場

工場が直接お客様に。

想いを届ける嬉しさを感じていきたい。

【梶原】

最後に、今後のやりたいことや目標について教えてください。

【寺田社長】

無駄なモノを作らないサステナビリティを意識したBLUEKNITの目指す生産や販売方法に賛同しています。このような新しい取り組みに参加できたことは嬉しいです。関わる人たちとともに継続して発展していけるようにしたいです。なにより、私たちはBLUEKNIT storeで素材とおしゃれさを大事に考えながら活躍したいです。ただ、自社製品の販売は今までやってきたことではないので、期待する気持ちもあるし不安も同時にありますね。

今後は買ってくれるお客様の意見を大事にしてモノづくりに反映し、より交流を活性化させたいです。作り手の想いももっと伝え、楽しいコミュニティ作りをしたいと思っています。

工場の中で左から、常務の寺田義久さん、社長の寺田光彦さん、専務の寺田公仁さん

工場の中で左から、常務の寺田義久さん、社長の寺田光彦さん、専務の寺田公仁さん

寺田ニットさまの取材を終えて:梶原加奈子ディレクター

【梶原】

寺田ニットさんは寺田社長が起業し、今は2人の息子たちが共に仕事しています。それぞれの役割や個性が結束することで3本の矢として強まり、これまでの技術力とこれからの感性が柔軟に融合して工場発信が始まると思います。社員の幸せを守りたいと語る寺田社長のもとで仕事する社員さんたちも明るく、女性や若い人たちも多く活躍しています。

寺田社長は、「苦労」という言葉を使わない。常に「挑戦」という言葉を選んでいたことがとても印象的です。その志を継続している姿勢が素晴らしいと思いました。自分が正しいと思うものに対して強く自信を持って考え続ける寺田社長は、誠実でありながら探求心あふれる方でした。

「優しさにつつみこまれる」という会社のスローガンも寺田社長の人や社会に対しての愛情を感じました。インタビューの中で、“人は幸せになるために生まれてきた、朝一番に素肌に触れる素材が心地良ければ、一日が幸福”この言葉が非常に心に残りました。 体に一番近い服にこんな気持ちが宿っていることを多くの方に知ってもらいたいです。

寺田ニットショールームに飾られていたパネルの写真

寺田ニットショールームに飾られていたパネルの写真

10年程前の三人の写真がショールームに飾られていたのが印象的でした。今でも変わらず支え合う関係が続いているのが寺田ニットさんの優しいニットを生み出しています。

工場の前の花壇に咲く花が生き生きとしていて、社員さんたちの未来に向けた前向きな気持ちを発信しているようでした。

会社の前の花壇

会社の前の花壇

会社の前の花壇

次回、「株式会社イノウエ 前編 難しいことに挑戦し、マイベストを尽くす」を読む。

BLUEKNIT store クリエイティブディレクター 梶原加奈子(かじはらかなこ)

BLUEKNIT store クリエイティブディレクター

梶原 加奈子

北海道札幌市生まれ。多摩美術大学デザイン学部染織科卒業。

株)ッセイミヤケテキスタイル企画を経て渡英。英国王立芸術大学院RCA)ァッション&テキスタイルデザイン修士課程修了。2008年 KAJIHARA DESIGN STUDIO INC.を設立。

日本産地の素材を集結させたテキスタイルブランド KANA COLLECTION を立ち上げ、海外のハイメゾン向けに素材を提案。クリエイティブディレクターとしてもブランディングや地域活性化と連携。札幌の森にショップ、ダイニング、ゲストハウスの複合施設「COQ」を立ち上げ、自然と共に過ごすサーキュラーライフバランスを発信している。

2022年より株)精機製作所が立ち上げたサステナブルECモール「BLUEKNIT store」のクリエイティブディレクターを務めている。

北海道札幌市生まれ。多摩美術大学デザイン学部染織科卒業。

株)ッセイミヤケテキスタイル企画を経て渡英。英国王立芸術大学院(RCA)ファッション&テキスタイルデザイン修士課程修了。2008年 KAJIHARA DESIGN STUDIO INC.を設立。

日本産地の素材を集結させたテキスタイルブランド KANA COLLECTION を立ち上げ、海外の廃メゾン向けに素材を提案。クリエイティブディレクターとしてもブランディングや地域活性化と連携。札幌の森にショップ、ダイニング、ゲストハウスの複合施設「COQ」を立ち上げ、自然と共に過ごすサーキュラーライフバランスを発信している。

2022年より株)精機製作所が立ち上げたサステナブルECモール「BLUEKNIT store」のクリエイティブディレクターを務めている。

PROFILE

株式会社寺田ニット

「清潔な会社で社員が明るくて物づくり、全てに妥協を許さない 」 新たな開発への挑戦と勇気、お客様に感動していただける商品づくりを目指して 、そんな会社になりたくて今日までやってきました。 これからは環境問題を考えたサステナブルな商品展開で社会貢献をしていくこと、また、寺田ニットが作り出す製品の良さを国内だけではなく世界の皆様に 知っていただくこと を目指して頑張り続けます。
経済産業省の「次代を担う繊維産業企業100選」に選ばれました。

寺田ニットについて詳しく【読みもの】寺田社長の熱い想い

関連商品を見る